イメージキャラクター
更新日:2017/03/31

第17回あやはし海中ロードレース大会

第17回あやはし海中ロードレース大会

沖縄本島と4つの離島(浜比嘉島・平安座島・宮城島・伊計島)を結ぶ、ドライブスポットとしても人気の「海中道路」でロードレースを行うイベント「第17回 あやはし海中ロードレース大会」が、2017年4月2日(日)午前9時より開催されます。

「心の懸け橋 夢のかけ橋 世界へのかけ橋」と題し行われるこのイベントは、全長4.7kmの海中道路を渡り、平安座島・浜比嘉島の景色を楽しむことができる企画。
コースはうるま市与那城総合公園陸上競技場よりスタート。壮大な海中道路を走り抜け、浜比嘉島を通過し、折り返した後、平安座島へと上陸し、宮城島の手前で折り返し、そのままスタート地点に戻ってくるというコースとなっており、昨年は約8,000人もの参加者が、ロードレースを楽しみました。

競技は3.8km・10km・ハーフと、3種類から選ぶことができるので、どんな人でも無理なく自分に合ったコースを選択できるので、気軽に参加することが可能。
ゲストスターターには、うるま市まちキャラ「うるうらら」や伝統神ウルマー、闘牛戦士ワイド―など、バラエティ豊かなマスコットキャラクターたちが盛大にスタートを盛り上げてくれます。
橋から見える景色と磯のかおりを感じながらのロードレースを思いっきり満喫してみてはいかがでしょう。

東洋一の長さを誇る海中道路を駆け抜ける

ドライブスポットとしても人気の、東洋一の長さを誇る絶景スポット「海中道路」を自転車で駆け巡る爽快感は抜群!両サイドには沖縄の美しい海と空が一面に広がり、壮大な景観と風を感じながらのロードレースは、ついつい砂浜に降りて海に飛び込みたい気分にさせられます♪

マラソンをしながらパワースポット巡りが楽しめる!

途中通過する「浜比嘉島」は、実は“神の島”として有名なパワースポット。島全体がパワースポットと言われるほどのパワーを持つ島なので、自転車で通過しただけでもご利益ありそう?!昔ながらの赤瓦の家が並ぶ空間も、癒されポイントのひとつ。

【イベント会場までのアクセス方法】

●お車をご利用の場合: 下記駐車場に駐車

  • (具志川総合運動公園)
  • うるま市大田421(500台)
  • (平敷屋漁港内浦ケ浜公園)
  • うるま市勝連平敷屋3784-22(400台)
  • (東照間商業等施設隣広場)
  • うるま市与那城照間1860-3(200台)
  • (ロードパーク駐車場)
  • うるま市与那城屋平4(400台)
  • (平安座公民館前)
  • うるま市与那城平安座9400(40台)
  • (旧与那城庁舎裏駐車場)
  • うるま市与那城中央5(120台)
  • (多種目競技横三角駐車場)
  • うるま市与那城中央5(70台)